フェルメールとレンブラント17世紀のオランダ黄金時代の巨匠たち展

 本日は六本木森アーツセンターギャラリーのフェルメールレンブラント17世紀のオランダ黄金時代の巨匠たち展に行ってまいりました。後輩に誘われまして、ありがたいことです。西洋絵画は敷居が高くってあんまり観に行っていなかったのでカラヴァッジョ展にも足を運んでみようかと考えております。

ミーハーなので「水差しを持つ女」が見られればあとは分からなくてもいいかなあと軽い気持ちだったのですが甘かったです。海洋画と静物画が大変すばらしかった。予備知識がほとんどない状態で楽しめたのはそれくらいという意味にもなってしまうのかもしれませんが。

 まずはコルネリス・クラースゾーン・ファン・ウィーリンゲンの「港町の近くにて」に始まる海洋画ですが、細密に描かれた船の描写はただただ驚かされるばかりでした。近くのおばさまが「これが油絵なんて信じられないわよねえ」と仰っていたのですがまったくその通りです。ボトルシップを見ているようだった。初期の海洋画では海の色は鮮やかに表現されるようですね。私は彼くらいの色が好みかなあ。水平線の描き方にも年代の違いがあるそうで、なにが違いを生じさせるんでしょう。色はなんとなく分からなくもないけれども。

 続く静物画の絵画なのですが、こちらも初めのフローリス・ファン・スホーテンの「果物のある静物」に心つかまれました。葉書買ってしまった……。写実的、というと写真のような、という考えを持っていたのですが、実際は違うんでしょうか。写真というよりは生々しく質感を持って立ち現われてくるというか、なんといえばいいのだろう。たぶん写真だとレンズの目を通して物をみるけれども、その絵はまるで画家の目でもって物を見ているような気分でした。本物のような、けれどもこれは絵だと認識できてしまう奇妙な違和感は、例えはだいぶ違いますが不気味の谷に落とされたような感覚です。絵ではあるのだけれど、そこに紛れて現れる作者の目に出くわすと胸が苦しくなります。
 肖像画に関しても、ひだ襟だとか、女性の指先の指輪だとか、ところどころに本物が混ざっていて、いや絵画である以上本物ではないのだけれど、そうするとやっぱり目かなあ。一時期自分が見ているものを写真に残したいと思っていたときがあったのですが、写真はレンズが見たものを撮っているのであって、私が見ているものではないのだとがっかりした記憶があります。自分が見たものである以上自分で表現するしかないのかもしれない。筆であんなものが表現できるのだからすごいよなあ。
 以前ジャポニスム展で観た、水面に月光が写っている画もそうなのですが、そこにいて見ていると錯覚するものが好きなのかもしれません。波が揺らぐようだと見入ってました。作品名は忘れましたごめんなさい。あとで図録で調べておきます……。でも油絵は特にそう感じますが、図録で見るといやこんな画じゃなかった、と思ってしまうので今回はパスしてしまいました。二種類の装丁から選べるという豪華仕様でしかも値段が変わらないという良心的設計。解説も作品ページと共に掲載されており、しかも全作品に載っているという充実っぷり(ざっと見たところ)。やっぱり買っても良かったんじゃないか……。コラボ商品のレーステープが素敵でした。使い道は分からない。