フェルメールとレンブラント17世紀のオランダ黄金時代の巨匠たち展

 本日は六本木森アーツセンターギャラリーのフェルメールレンブラント17世紀のオランダ黄金時代の巨匠たち展に行ってまいりました。後輩に誘われまして、ありがたいことです。西洋絵画は敷居が高くってあんまり観に行っていなかったのでカラヴァッジョ展にも足を運んでみようかと考えております。

ミーハーなので「水差しを持つ女」が見られればあとは分からなくてもいいかなあと軽い気持ちだったのですが甘かったです。海洋画と静物画が大変すばらしかった。予備知識がほとんどない状態で楽しめたのはそれくらいという意味にもなってしまうのかもしれませんが。

 まずはコルネリス・クラースゾーン・ファン・ウィーリンゲンの「港町の近くにて」に始まる海洋画ですが、細密に描かれた船の描写はただただ驚かされるばかりでした。近くのおばさまが「これが油絵なんて信じられないわよねえ」と仰っていたのですがまったくその通りです。ボトルシップを見ているようだった。初期の海洋画では海の色は鮮やかに表現されるようですね。私は彼くらいの色が好みかなあ。水平線の描き方にも年代の違いがあるそうで、なにが違いを生じさせるんでしょう。色はなんとなく分からなくもないけれども。

 続く静物画の絵画なのですが、こちらも初めのフローリス・ファン・スホーテンの「果物のある静物」に心つかまれました。葉書買ってしまった……。写実的、というと写真のような、という考えを持っていたのですが、実際は違うんでしょうか。写真というよりは生々しく質感を持って立ち現われてくるというか、なんといえばいいのだろう。たぶん写真だとレンズの目を通して物をみるけれども、その絵はまるで画家の目でもって物を見ているような気分でした。本物のような、けれどもこれは絵だと認識できてしまう奇妙な違和感は、例えはだいぶ違いますが不気味の谷に落とされたような感覚です。絵ではあるのだけれど、そこに紛れて現れる作者の目に出くわすと胸が苦しくなります。
 肖像画に関しても、ひだ襟だとか、女性の指先の指輪だとか、ところどころに本物が混ざっていて、いや絵画である以上本物ではないのだけれど、そうするとやっぱり目かなあ。一時期自分が見ているものを写真に残したいと思っていたときがあったのですが、写真はレンズが見たものを撮っているのであって、私が見ているものではないのだとがっかりした記憶があります。自分が見たものである以上自分で表現するしかないのかもしれない。筆であんなものが表現できるのだからすごいよなあ。
 以前ジャポニスム展で観た、水面に月光が写っている画もそうなのですが、そこにいて見ていると錯覚するものが好きなのかもしれません。波が揺らぐようだと見入ってました。作品名は忘れましたごめんなさい。あとで図録で調べておきます……。でも油絵は特にそう感じますが、図録で見るといやこんな画じゃなかった、と思ってしまうので今回はパスしてしまいました。二種類の装丁から選べるという豪華仕様でしかも値段が変わらないという良心的設計。解説も作品ページと共に掲載されており、しかも全作品に載っているという充実っぷり(ざっと見たところ)。やっぱり買っても良かったんじゃないか……。コラボ商品のレーステープが素敵でした。使い道は分からない。

トーテム感想

 シルク・ドゥ・ソレイユは(十年位前の某サーカスアニメが取材に行ったという話を聞いて)前々から行きたい行きたいとは思っていたのですがなかなか腰が上がらず、知り合いのお姉さまが行ってきたわよ~と仰っていたので私もと急いでチケットを取って行ってまいりました。行くとしたらA席だけどあんな席から観えるんだろうか……と不安でしたが、思ったよりはよく観えました。確かにキャストの背中がメインになってしまうのだけれど、それでも十分楽しめる作りになっているのかなと思います。さすがに演奏者は見えないので最後の方までは生演奏だとは気付きませんでした。

 ちょっと残念だったのはA席のノリの悪いこと悪いこと……。拍手は大体ステージ正面のひとたちがやっているだけ、という有様でこちら側はただ観ているだけというひとが多かった印象を受けます。どうなんでしょう。花道が観えないから拍手できないというのなら分かるんだけども、後ろからとはいえ観ているものは同じなのだし。
 花道といえば、舞台のブリッジは花道を参考にしたとプログラムに載っていて随分アクロバティックな花道だな……! と笑っておりました。

 プログラムを買うつもりなんてなかったんですが第一部が終わったあと気が付いたら手にしていました。表紙は化粧の部分がざらざらとするようになっていてとても凝っています。(そんなこだわりはいいからもうすこしねだんをおさえてくれとおもわないでもないです。)衣装やメイクの説明だとかを期待していましたが、そこまで詳しく取り扱われてはいないかな。辛うじてキャストのページでメイクありなしの写真を載せてくださってます。全身が見たい私としては記憶に頼るしかないのでとても悲しい。写真付きの解説が見たかったです。贅沢言うない。

 UNICYCLES WITH BOWLSの衣装が特にお気に入りなのですが、それぞれ腰に何をぶら下げているのか知りたかったですね……。羽根しか分かりませんでした。クリスタルレディにも心奪われました。正直を申しますとフィナーレのときも双眼鏡でずっと追いかけていました。うつくしいひとでした……。舞台写真はあるのだろうか……! と物販をうろうろしていましたけれどもそんなものはありません。でも確かに動的な舞台であるのだから写真に収めるというのは難しいですよね。

 トーテムを観て一番驚いたのはその音楽的要素が意外にも大きいということでしょうか。プログラムの小倉さんのインタビューでも「サーカス+ミュージカル」と言われていて、サーカスだけかと思っていた私はそのままサントラを買う道しか残されていなかったのだ……。

 演目に関していえばSCIENTISTが印象的でしょうか。楽器と博士と目が追い付かなくて悔しかったです。博士のあのジャグリングはマニピュレーションというのか。一度博士がボールを取り落した瞬間があったのですけれど、観客にむかって人差し指でシーとやっていたのが鮮明に残っています。博士かわいかったです。SOCUTE。独特の楽器も見せ方といいさすが、と舌を巻かざるを得ません。ストンプ、とはまた違うのかな。なんというのだろうか。

 光の使い方もさすがだなあと惚れ惚れしていました。名前は分からないのですが照明を高速で点滅させる演出があるじゃないですか。あれがかっこいいと思えた舞台は初めてでした。それにしても照明はどこで見て動かしているのだろう。ひとをミラーボールにするという発想は一体どこから出てくるのでしょうね。

 ひとさまの感想ですとかを読むと派手さに欠ける、とか言われておりますが、それを求めなければおつりが来るくらいには楽しめるかなと思います。衣装もとことんまで作り込まれているし、脱げば脱げで肉体美はすばらしいし、音楽は耳に残る残る。しなやかで力強い筋肉は眼福です。あれが同じ人間とも思えない。日頃の鍛錬の賜物なのだろうなあ。

 リピーター割引もあるそうなので、気になったらまずはA席で御覧になってはいかがでしょうか…! 学生割引もやってくれているので大変ありがたい。双眼鏡はあった方が細部も観れて楽しいかなと思います。

 来週は歌舞伎に行きたいです。夜の部通ししちゃおうか悩ましい。履修も決まったので文楽のチケットも取らねばなりませぬ。ご友人に誘われて二月の文楽に行ってきましたが、人形がまるで生きているかのように動くということですら奇妙であったのに、生きているような人形が死ぬ場面を演じるというこの構図は一体なんなんだと震えておりました。いまでもよくわかっていません。人形遣いの技に魅せられたのではないか。とりあえずもう一回くらい観に行かねば。